The Montessori Method of education was developed by Dr. Maria Montessori, is a child-centered educational approach based on scientific observations of children from birth to adulthood.  Montessori classrooms all use the same materials and curriculum.  Children that enroll in Montessori programs in Japan have opportunities to continue their Montessori education in other countries. Estimates indicate that more than 5000 schools in the United States—including 300 public schools and some high schools—use the Montessori program.

 

Montessori education recognizes that children learn in different ways, and accommodates all learning styles. Students are also free to learn at their own pace, each advancing through the curriculum as he is ready, guided by the teacher and an individualized learning plan.

 

Students are part of a close, caring community. The multi-age classroom—typically spanning 3 years—re-creates a family structure. Older students enjoy stature as mentors and role models; younger children feel supported and gain confidence about the challenges ahead. Teachers model respect, loving kindness, and a belief in peaceful conflict resolution.

 

 

モンテッソーリ教育の哲学

 

 モンテッソーリ教育法は、医学博士マリア・モンテッソーリによって、子供を主体に考えられた教育的手法であり、この教育法は誕生から成人期にかけての子供たちに関する科学的な観察に基づいて生まれました。世界中のモンテッソーリの教室では、同じ教材とカリキュラムを採用しています。日本のモンテッソーリ・プログラムに参加する子供たちは、諸外国において継続的にモンテッソーリ教育を受けることが可能です。例えばアメリカでは現在5000校以上(公立校や高校等含む)がモンテッソーリのプログラムを採用しています。

 

 モンテッソーリ教育は「子供たちは様々な方法を通じて学ぶものである」という考えのもと、子供たちのあらゆる学習スタイルにあわせた教育方式です。個々のカリキュラムの達成度合いに応じた個別学習計画が立てられ、それに基づき指導が行われるため、教師による支援のもとに生徒たちは自分のペースで学んでいくことが可能です。

 

 マルチエイジ・クラス制度は家族構造の再構成をイメージするものです。より年長の子供たちは、年下の子供たちのよき助言者として接する中で、自身の精神的な成長を楽しみます。そして年少の子供たちは支えられているという安心感を得て、次のステップに自信を持って挑戦することができるのです。生徒たちはお互いを思いやるコミュニティーの一員なのです。

 

 

 Kakuozan Montessori International School Information                           Certified Nursery School(認可外保育施設)